車載の本物のカーナビがメインですが

私の職業は緊急輸送の仕事をするので、カーナビは信頼性が第一です。
この職業の観点では、現時点(2021/04/24)では、スマホナビでその業務レベルの期待に応える製品はありません。

プロならナビに頼るな!とか、サブといえどもスマホナビを使う時点で間違えている!とはご意見もあろうかとは思いますが。

具体的には以下の点で本物のカーナビとスマホナビの差があり過ぎます。

スマホナビの欠点1:トンネル内分岐の精度

本物の車載ナビは大丈夫

私の場合は首都高速の長いトンネル走行途中の分岐など、GPS電波が届かない場面でも正確な位置把握と分岐案内が必須です。
車載の本物ナビであれば、全く、問題なく案内されます。

スマホナビは信用できず

しかしスマホナビはまだプロドライバーとしての実用段階に達してません。
現在、スマホナビも自律航法ユニット的な動作をしてくれるようになりつつあるので、ある程度まではトンネル内も自車位置が追従するのですが、しかし、数キロを超えるトンネルで、しかも走行速度が渋滞や追い越しで変化が激しい場合になると許容出来ないレベルでズレが発生する場合があります。数百メートルが簡単にずれます。

こうなるとトンネル内分岐の案内は信頼出来なくなります。場所によってはトンネル内で100メートルか数百メートルで連続分岐の箇所もありますし、トンネルを出た直後にややこしい道路で分岐があったら間に合いません。

スマホナビの欠点2:発車前の方角認識

知らない土地でカーナビをセットして発車する時ですが、本物の車載ナビならナビセットした瞬間から正しい自車位置と方角をわかってルート表示していますから悩まずに駐車場から出て右左折することが出来ます。

しかし、スマホナビは、Yahoo!ナビやアップル純正マップであれば、ある程度は方角を認識してくれますが、それでも間違い方角を示すことも多々あるのでイマイチです。
実際の方角は数十秒走行して見ないと明確にならないので、逆方向だったら目も当てられません。
知らない土地で、周囲を見渡してもCarPlayの地図と照合してきちんと明確な方向性を理解するのは難しい場合があります。

有料スマホナビのカーナビタイムに至っては、CarPlay接続の影響なのか?全く方角を間違えていることが99%であり、またCarPlayの画面表示の特徴として、地図が荒いというか地図と景色から方角を知るのが相当難しいので発進時は全く使い物にならない状況です。

そうは言っても私はカーナビタイムの有料課金中のユーザーです。つまりプロの要望にある程度達するのがカーナビタイムだと感じてお金を払っております。

スマホナビの進化に期待中

以上より、プロドライバー、しかも、毎回行き先が異なる未知の領域を走る緊急輸送に対しては、スマホナビはメインにはなり得ないのが現状です。

しかし、それを承知で私は定期的に全部のスマホナビをテスト運用しております。
その理由はスマホナビの進化に期待しているからです。

特にCarPlay接続に対応するようになった現在では、まだCarPlay対応が未成熟過ぎて、スマホ単品で使った方が良いのですが、それが改善されてCarPlayによって車載のジャイロ機能や車速パルスがきちんと伝達される日が来るのではないか?と思って時々チェックしております。

現在はカーナビタイムをサブ利用中

定期的にスマホナビの全銘柄をチェックしている私ですが、今日現在(2021/04/24)スマホナビとして仕事時にサブナビとして利用するのはカーナビタイムです。

なぜ、カーナビタイムなのか?

上記の性能不足があるのに、毎月App Store経由で600円課金してまでカーナビタイムを選んだ理由は長くなったので別記事にします。

ただし、私のような浮気性ではなく、カーナビタイムでずっと使うぞ!って人は、毎月課金ではなくて、年払いの方がお得になります。

例えば、こちらのアマゾンさんとか。

この記事が気に入ったらFollow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です