N-Boxシート生地裂け対策

Amazonビジネス

ネットで話題のシートが裂ける問題

当初、ネットでこの話題を見た時は、扱いが雑だとなるんじゃ無いの?と思ってました。
その当時、自分のN-Boxはまだ新しいし、大事にしていたので、私のは大丈夫と思ってましたが、念のため見たらご覧の通りに避けてました。

私のN-Boxカスタムターボ(JF3)は二台で、どちらも同じ年式です。
初期ロットに近い二台なので、状況は酷似しております。

新車状態で一度ディーラーさん相談済

保証対応で安心した

シートの裂け目を最初に発見した時点で、当時はまだ新車に近いレベルでした。

早速、行きつけのディーラーさんに相談しました。
ホンダ技研としても情報は掴んでいて、保証期間内ならばシートが避けた場合は、何度でも交換してくれるとの情報がネットでありましたが、それは事実のようで、保証対応にはひとまず安心しました。

いつ交換するのがベストか?

  • 保証で交換だから費用負担は無いけれど、対策部品が出てない現状で交換しても再発する可能性が高い。
  • その都度N-Boxは一日預けなければならない煩わしさがある。
  • こちらは負担金が無いが、この程度の事で何度もシート交換させたら気が引けるので一回で済ませたい。
  • 新型の品番で無いとホンダ技研さんでも無駄な出費だと思うので、出来れば対策部品が出てから交換して欲しい。

対策部品が発表され次第の交換が双方ベスト

ディーラーさんとの相談した当時は、対策品が出たら交換のつもりだったのですが、対策を待っている間に年月が経過して、二台のN-Boxカスタムターボの内1台が車検時期になってしまったのに、対策部品がまだ出てないと判明した。

対策部品が出てないと思った根拠は、ディーラーさんに調べてもらったら、今でも部品番号が変わってないから。

ただ、シート生地側が同じ品番でも、シート生地に干渉するレバー側のプラスチック部品は変わってないのか?

そもそも干渉しなければ裂けることもないし、助手席が裂けてこない理由も運転席側だけシート座面の高さ調整のレバーがあって、干渉度合いがキツイと言う原因も明確だから。

この点もディーラーさんに車検相談の時に確認したのですが、シートと干渉する側の部品も変更なしらしい。

現行部品での交換しか無い

こうなると、対策部品が出るのを待っている訳には行かなくなりました。
原因が明確で、今交換しても無駄と私も思うし、ディーラーさんも思ってますが、保証規定は保証規定。
ホンダ技研の保証での無料交換を実施するには、初回車検までに交換するしかない。とのこと。

再発防止の対策をユーザー側で実行

自分としては、ホンダ技研としての対策部品の提供を期待していたのですが、初回車検まで間に合わないと判明した。

今回は保証で無償でのシート交換が実行されますが、次に裂けた時には保証はありません。
シート座面昇降レバーとの干渉で裂けてしまう事が原因としてわかっているので、その対策を自分でするしか無いと考えました。

シート生地とレバー付近のプラスチック干渉防止

N-Box 合皮破れる場所

これが対策前の状態です。
黄色のラインで囲った部分が、運転席に乗り降りする時に、シート生地がシワになってしまう位置です。
座面高さ調整レバーのプラスチックエッジと干渉する位置で、ご覧の通り無防備です。

私の独自対策

千円程度で購入したシリコンのマウスパッドをハサミで加工しただけ。

N-Boxシート裂ける対策
N-Boxシート裂ける対策

シリコンの板を挟み込む
写真の通り、運転席に乗り降りする時にシワが寄ってしまう場所で、座面の高さレバーと干渉する場所にプロテクターを作りました。
素材はシリコンのマウスパッドなので、硬過ぎず柔すぎずで、シート生地を守ってくれると思います。

補足説明

上記の写真は、まだ車検を受けてないもう一台のN-Boxカスタムターボで撮影しました。
その理由はシート交換したN-Boxだと既に裂け目の写真が取れないからです(笑)。

全く同じ年式のN-Boxなので、見た目は一緒ですし、裂けた状態も一致しているので参考例として問題ないはずです。

今後の課題

この対策は、シリコンのシートを素人が加工して挟んだだけ。

素人対策部品は落として紛失する可能性大(笑)

素人対策だから、運転席の乗り降りの場面で、外れて路上に落として紛失して気が付かない可能性が高いです。
シリコンシートだから落下しても無音だし、暗い場所だとブラックのシリコンシートは見えないし。
そうかと言って白いシートはシート生地の色と違うから普段美しくない。

紛失防止の為には対策部品を接着すれば良いのかとも思いますが、接着剤がシートに残ってしまうのもどうかと思い、とりあえず挟むだけで対応中。

買い替えの時、破れたシート隠しと思われ、査定がダウンすると思うと貼り付けは出来ない。
シートが裂けているから隠す為にシリコンシートを貼って誤魔化していると思われてしまうのでは無いか。
本当は新しいシートに交換してあって、大切にする為に貼ったシリコンでも剥がさないとわからないってなりますからね。

紛失したらその都度やり直せば良いけれど、一枚千円程度のシートと言っても、自分の責任で無いのにコストを何度もかけたくも無い。

ホンダ技研さんに望みを残す

この私の素人対策でも効果抜群だとは思いますが、それでも対策部品が出たら交換できないかなあ?

と思うんです。

初期ロットを安心して購入したい

そして、このN-Boxも残り一台のN-Boxもほとんど同じ時期(初期ロット)購入なので、初回車検までの保証と言うルールの縛りで二台とも未対策シートとの交換になってしまいます。

初回車検で保証が切れてしまう基本ルールは理解してますが、原因が明確でユーザー責任では無いので、この場合だけは保証期間後でも対策部品が出たら交換対象に仲間入りさせて頂きたいものです。

そもそも対策部品が間に合わないのは、新型N-Box JF3が発売されてすぐに購入した熱心なN-Boxファンだからなで、新型を買うファン心理をどうか残念な思いにしない方向での優しい対応を期待しております。

もしホンダ技研さん関係者が当ブログをご覧になって頂けたら、ぜひ、この対策部品が出たら、その時点で良いので私のN-Boxも部品交換対象の仲間に入れて頂ける事を切望です。

もう一台のN-Boxも車検予約をホンダディーラーに行いました。そちらも時間切れで現行の部品での交換になります。

つまり、二台とも対策部品が間に合わず、この記事の内容で素人対策を私は行います。

将来の中古買取も懸念

対策されてないシートなので亀裂が再発したら、中古屋さんに売却する時の価格に影響すると思います。
私の対策でシート亀裂が防止出来ていたとしても、そもそも対策部品が装着されてないN-Boxだと見破る中古屋さんは、素人対策で裂け目自体は防止しても、対策前のシートの時点で買取査定が下がる可能性もありますし。

一番は、やっぱりホンダとしての対策が出たらその部品で気持ちよく乗りたいですから。

薄い期待

N-Boxでも、新しいロットのユーザーさんはシートの亀裂が出てない。との情報もあるようです。
その年式はシート品番が違うのか?それとも品番が同じでも微妙に改善されているのでは?

もし後者であれば、今回の私の交換したシートも微妙に改善されている可能性がある。

コメント

タイトルとURLをコピーしました