後方誤発進抑制エラーのまとめ記事

目次

経緯のまとめ

原因が大体わかって修理も延長保証マモルにて対応と決まったので、これまでの経緯をまとめ記事にしました。

今回の修理は当初は原因不明で長期戦になりそうな気配でした。
コンピューターにエラーログだけがあって具体的な故障箇所が入ってないため。
しかしネットでN-Box仲間の情報を調べていたら原因となる可能性が高い前例を知ることができました。
この経験から他のN-Box仲間も同じエラーが出た時に早めに問題点絞り込みの参考になったらと考えてブログに掲載しました。

延長保証マモルにて保険修理OKとなりました

今日2022/02/17で2回目のリライト版

ホンダの延長補償における保険認定がOKとなりました。
修理部品の発注と作業の予約まで進展しました。

1日でここまで話を進めてくれたホンダカーズ宮城中央のサービススタッフさんありがとう。

エラー発生原因の究明に繋がる情報を提供してくれた皆様に感謝です。

延長保証マモルに入っていた車両なのも幸いでした。原因がバグでも保証が切れてたら自腹だったと思います。
安価な修理かも知れない今回の事例ですが、バグだと思うと自腹は気分的に不納得になりますので。

後方誤発進抑制機能のエラー表示が消えない

バックする際に出たアラートが、走行中も消えずに、一旦エンジンを切ってからは出なくなりました。

初めてのエラー

後方誤発進抑制機能とは

後ろに壁や車両があるのに、ギアをバックに間違えて入れて急発進する高齢者対策の安全装備だと思うので、私はお世話にならないつもりのセンサーですが、センサー異常の場合には、一定期間放置するとエンジン始動を出来なくなるケースがあるとスバルユーザー時代にディーラーさんで聞いたことがあるので、N-Boxがそんな事になると困りますのでホンダカーズさんで点検して頂きました。

N-Boxのコンピュータに診断データが残っている事を祈りつつ当日中に持込ました。

かなり無理して時間を作り、お店にも予約無しに駆け込んでしまいましたが、診断データーが消えるリスクを最小限度にしたかったので。

お店の最初の質疑応答

サービス

エラーが出た時に雪が降ってませんでした?

写真でも雰囲気がわかるのですが、その時の天候は、ほぼ曇り空で細かい雪が少しちらつく程度の時でした。
念の為、センサーへの汚れ付着もチェックしたのですが洗車した後のように綺麗でした。

余談ですが

これまでにバックする際に、一度も抑制された事はなく、後方危ないよ的な警告も見た事はありませんので、やっぱりセンサーのトラブルがあったのかも?
私の場合、これまで誤発進バックと言う運転は無いけれど、明らかに駐車スペースにバック中に無謀な人や車が突っ込んでくるシーンはスーパーマーケットの駐車場などで時々は遭遇します。

全然役に立たない機能だなあと思ってましたが、実は故障だったのか?

お店の診断結果

お店でエラー画面の証拠写真をiPhoneで見て頂きながら話をしました。
写真を先に提示するのは過去、お店の端末でエラーログを吸い出しても残ってないケースがあったので

サービス

所でN-Boxにエラーが出た時に雪は降ってませんでした?

写真で見えると思いますが、少しだけの雪のチラツキ程度でした。
それに、今まで本格的な雪の中でバックしてもエラーが出たことがないので、今回の警告は僅かな雪のせいではなくきっと故障だと思われます。

症状が出て、その日のうちに持ち込んだのが幸いだったのか?
お店のコンピューターにエラーログが収集された!

診断ログは取れたが内容は無意味

後方誤発進抑制機能点検と言うエラーが出た事実のみ確認されました。
これだけだと私の提出したエラー証拠写真でも明らかな事であり診断データーとしては、どの部品の問題か分からないので役立たずでした。

後方誤発進抑制機能に関わる部品は何ブロックかに分かれているらしく、その中のいずれの装置が故障したのか?そこが分からないと根本治療は難しいようでした。

総とっかえすれば安心でしょうけど、偶発的なエラーである可能性も無くはないらしいので、このまま様子見になりそうな気配も。

それこそ誤発進ならぬN-Boxからのコンピューター誤発信の可能性もあるならば様子見る?

兎に角、1回のエラーで関連部品の総取り替えは無理でしょうから、もし根本治療を目指すなら、疑わしい部品を優先順に一個つず交換して、その後に数ヶ月様子を見て治ったと判断、それで再発したら次の部品を交換して、その繰り返しになるのですが、今回はそれでは、保証が切れてしまうことになりそうです。

そんな中でN-Boxユーザーさんの中で同一事例がネットで見つかる

RCMTCユニットにバグ?

どうやらこちらの記事(他にユーザー報告もある)によれば、あるロットはRCMTCユニットにバグがあって交換する必要があるみたいですね。

ネット情報がディーラーより早い理由(推測)

ホンダカーズ系列店同士であっても故障修理の情報共有は県内とかでのみ共有されているらしいので、先行する事例が県外だった場合には、周知されないようです。


今回はおそらくサービスキャンペーンにすら含まれてないマイナー情報らしく、県外の修理実績、バグ報告はマイディーラーには目立つ形では降りて無かったんでしょう。

ただし、こちらから情報をお伝えした後は、それを元に調査してくれたらディーラーでも情報がゲットできたみたいでした!

延長保証マモル

後方誤発進抑制機能のエラーは、保険申請で修理OKとなりました。

今回のケースは実費でも安価かも知れませんが、バグで実費は悲しいので延長保証マモルに入っていて良かったです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次