排気バルブ対策後は別な車みたいに変わりました

目次

バルブ修理の効果が体感されるとはビックリ

私のN-Boxは、症状としてはまだ悪化前で、バルブ交換の違いが体感されるとは思いませんでした。

例えば、先行して修理出来た方々は、何度もエンジンチェックランプに悩まされて、それでもエラーログが取れなくて修理が保留になって、その繰り返しで症状悪化して、走行中に失火による減速まで体感されて、そこでエラーログが取得されて無事修理に至った方がおります。

その点では私の場合はアクセルが効かないなんて重症化はしておりませんでしたので、基本的に走りとしては調子良く、取り外した未対策バルブも割と綺麗な状態だったそうです。
(これには私の運転とメンテナンスの頻度、MT10点火剤の効果かも)、その点からも未対策部品であっても致命傷になるまでには余裕があったはずで、その状態での交換だと対策前→対策後のバルブ交換による改善なんて体感は無いと思っていました。

そんな状況であるにも関わらず、私のN-Boxは対策されたバルブに入れ替えた効果は歴然。
助手席の妻すらも驚いてました。

あまりのエンジンのスムーズな違いでビックリでした。

エンジンが絶好調になった修理部品リスト

後半のメンテナンスという項目ですが、こちらはエンジンを脱着する時に必ず取り外すベルト類をこの際だから同時交換して頂きました。作業途中での事なので工賃無料でベルト部品だけの料金で済むのでと親切なお店の対応でした。
距離としては交換のタイミングではありませんが、ここで交換すれば次回までまたしばらく交換不要ですから。

変えてもらって本当によかった

悪化する前の段階で、早期に対応してくれたホンダカーズ店さんありがとう!
ここまでエンジンの雰囲気が違うなら間違いなく、未対策部品は悪影響していたんだと確信しました。

正直、排気バルブを対策品に変えても、その部分が故障しなくなるだけで、エンジンがまだ調子良く動いているなら、部品の違いによる差は人体が体感出来るほどでは無いだろうと思ってました。

しかし、修理後のN-Boxを自分で運転して帰ってきた私はあまりの違いにびっくりして。
助手席の妻ですらもハッキリとエンジンの性質の変わり様を感じ取るほどの対策品の効果は明確でした。

先に修理完了したsorairoさんのブログでも、修理後はエンジンの調子が良くなったとのご報告がされてますので、初期ロットで未対策バルブ搭載の車の場合は、この排気バルブ周りの修理でエンジンの調子が良くなる事は間違い無さそうです。
(未対策か否かはお店で車体番号やエンジンに刻まれた刻印で判断可能だそうですが、初期の頃だけらしい)

これまで、私の2台のN-Box Customターボは、加速時にグググと言うような音とエンジン振動音が聴こえてたのですが、修理したN-Boxは別なエンジンになったみたいな加速時にも静かなエンジンに生まれ変わりました。

体感的には加速もスムーズになりました。

加速が鋭くなった訳ではなく、馬力はそのままでも、スムーズに回る、そんな感じになりました。OHVからDOHCになりましたって感じ。

以前の未対策エンジンでは常に感じてた、加速時のグググ感が無く、エンジン振動も一層少なく、音も低くなりました。

元々N-Box Customターボはエンジン振動も音も軽としては大変に静かでした。
しかし、対策後は更なる静かなエンジンとなって嬉しい極地です!

私は、修理前には、自分の2台のN-Box Customターボが2台とも同じ感じ。

2台ともに加速時のグググ感があったし、2台とも加速時の振動音もほぼ一緒だから、N-Boxターボエンジン特有の性質で気にしても仕方ないと諦めてましたが、今回の対策で何となく気にしていた感じが完全に消え去りました。
この2台はエンジンに差があると以前に語っていた私でしたが、今回の対策で激変した様子を見ると、2台とも以前は同じ括りだったんだと知りました。

これが仮にエンジンのマウントするブッシュ類も同時に交換したのなら、振動に限れば、新品ゴムだから振動の減衰効果改善と言う事ですが、今回はその辺りのエンジンをマウントする系の部品はすべて元のそのままの部品です。

排気バルブとその周りの変更だけで、ここまで変わるのか?と驚きました。

エンジンの脱着とエンジンの上部の分解組み立てが発生しており、丁寧な手作業工程でこうなったのか?その可能性もあります。

しかし、ホンダの新車の生産ラインにおけるエンジン組立やエンジンの車体への組み込みも流作業とは言えども多くは機械化されて高精度で誤差は少ないはず(と思いたい)。

そこから考えると、これは対策前の部品に比べて、対策された部品がN-Boxのエンジンに最適化されたからではないか?そんな気がします。

対策前後でバルブの見た目の違いはわずからしい

お店で聞いた話では、対策品は見た目は、ほぼ一緒だが、僅かにカーブが違う様な程度の差らしく、それでここまで歴然と差があるのは、JF3ターボエンジンの排気処理に本当に最適な物に設計変更されたのかな?
さすがホンダのエンジニアは芸が細かいなと嬉しく思います。

この感じなら燃費も変わりそうですが、仙台、と言うか東北では、間もなくスタッドレスに履き替えるので、燃費の計測は中途半端になりそうです。

兎に角、対策品のバルブに交換してもらうと、目に見えて違うのでビックリの効果でした。

とは言え感覚には個人差はあるはず

私の修理後の感想は、歴然とした大きな違いだと言ってますが、この体験は私の個人的な感覚の違いも多少あるかもしれません。

私は元々、プロドライバーとして車の細かな変化に気付きやすく、耳も常人が聴こえてないエンジンの異音も聴き分けられるので、他の人よりも明確に違いを感じ過ぎる事もあります。

一応、記事が大袈裟に見て取れてたら、そう言う個人的な性質もありますので。

過去に棒自動車メーカーのエンジニアも聴こえないエンジントラブル音を私1人が先に見付けていた事もありました。
後に更に悪化してからそこのエンジニアが徐々に聞き取れる様になってきた。

私だけが近隣の業務用冷蔵庫のコンプレッサー音が聴こえてしまうので、なかなか夜に寝られないなど不便もしてます(笑)。そのくらい耳が良すぎて、私の耳の良さは動物並みで犬か!と妻に言われる事があります。

代車と入れ替わって帰宅、久しぶりに2台のそっくりさん

2台の黒いカスタムターボが揃った

四日ぶりくらい?同じブラック塗装のN-Boxカスタムターボが並びました。
今朝までは一台が水色のN-Boxだったので毎日が違和感でした。

たまに代車でスーパーに行けば、帰りに黒のカスタムターボを探してウロウロしたりしました(笑)

綺麗に洗車もありがとう

ホンダカーズ宮城中央の東勝山店の整備士さんは、このようにピカピカにタイヤもアルミも磨き上げてくれてます。
無料のサービス洗車のグレードとは思えないクオリティーです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
上に戻る
目次
閉じる