N-Box JF3 左後輪の泥除け何故か取れ易い

2021/01/05無事にホンダカーズさんで、状況確認して頂いて、瞬時に問題解決して来ました。
ホンダカーズ宮城中央東勝山さんありがとう!
その内容を踏まえてリライトします。

目次

今回の経緯

  • 正月休み明けで、タイヤの空気圧チェックをしていたら泥除けの角度がおかしいと気がついた。
  • 下手すればタイヤに干渉する位置に泥除けが曲がっていた。
  • 点検したらリベットが壊れていた。
  • 2台のN-Box JF3で同じ位置の泥除けだけが、そして同じリベットだけが壊れている事が判明した。
  • もしかしたら再現性があるならお店にも、ユーザー相互の情報としてもお知らせしなければと思った。

「左リアタイヤ前の泥よけ」がグラグラ

N-Boxオーナーの要チェック

大切なN-Boxだからこそ、壊れそうな箇所は自分でも見つけて早め対処が必要ですね。
私は商売道具という側面もあるので特に気を使いますが、そうではないN-Boxオーナーさんも車をとても大切にされる印象の方が多いです。
そのようなN-Box愛好家の日常のユーザー点検の参考になれば幸いです。

私はN-Boxカスタムターボ(JF3初年度)を2台併用中です。

今回は、たまたまか?

その2台とも同じ症状で、同じ箇所の泥除けで、その中でも同じ箇所のリベットの破損でした。

だから、もしかしたら?

貴方のN-Boxでも再現性がある可能性も?
まあ、多分、私のは、たまたま、なんでしょうけど、ただ、日常の愛車の点検項目に追加すべきであるとは思います。

本日ホンダカーズさんに行って結果は

ホンダカーズさんで驚きの待ち時間無し!

もちろん、正月明けですから、お店自体は、それなりに賑わっておりました。
じゃあ、どうして、待ち時間がなかったのか?

サービスマン

リベットは差し上げますので、ご自身でやってみてください。
マイナスドライバーで簡単に作業可能ですから。

私の予想と違う瞬間対応

私の予想では、

「ご予約じゃないから相当待たれますよ。」

と言われると思ってました。

今日は私自身も忙しい予定でした。

税理士さん、初期不良iMacの発送対応、仕事、何かと忙しい日だったので瞬間で終わったのは助かりました。

敏速な対応ありがとう

ももちゃん便
ももちゃん便

純正のリベットをくれて、待ち時間なし。
今日のわたしには最善の対応だと思います。

ユーザー自身で作業する。
待たずに部品だけ提供するのは、良い判断、選択肢の一つだと思います。
これも長い付き合いで気心とお互いの車に対するレベルを知ってる信頼関係だから出来る対応ですね。
冬は特にタイヤ交換やスタッドレスの更新などで混雑が多い時期です。
その場合にユーザー自身が作業出来るような内容であれば、全体のスピードアップのためには出来る人には部品だけ提供する選択肢があっても良いと思いました。
相手ができそうにない場合、また、有料修理とか部品交換の場合は、ユーザーに作業させることは無理だと思いますけど、無償のサービスの中で対応する場合には時短ができる今回のような対応は大いに歓迎です。

でも、唯一の残念は、お店と情報交換する暇がなかった(笑)

私はN-Box以前の自動車でも泥除けが外れた経験はありますが、その場合は、自分自身でやらかした自覚がありました。
深い雪の塊に入ってしまったと明らかな破損の原因がありました。

今回のような自然に泥除けが取れてしまったのは今回が初体験で、2台とも同じ箇所のリベットなのが気になりましたので、ちょっと情報交換したかったなあ。

もしお店としては、まだ症例が無く私のケースが初回だとした場合には、
私の手元の2台で、同じ症状と場所なので、この型式のN-Boxでは、ホンダカーズさんでも定期点検やオイル交換で入庫したN-Boxは、少し気を配ってチェックされた方が良いかも?とも思ったので、ちょっと情報提供としてお話が出来たらと思いました。

普段から細かい客ですが、このような情報を早めに出せたら少しお役に立てるかも?と思っていたのですが、正月明けではタイミングが悪かったですね。

私個人の今後の対策

このリベットを見ると、リベット1つに対して、四本の足のような部分がありますが、その足が四本とも切断されている。
どうやらボディー側の鉄板と当たる場所で切断されたように思われました。

鉄板と接する部分が振動で折れたか?

2台とも同じ左リアタイヤ側で、この泥除けの中でも、破損するリベットの位置も一緒。

今後もこの位置のリベットは、定期的に点検して、足が1本か2本折れた段階でガタつきが出て分かると思うので、脱落する前に早めに交換する方が良さそうだと思いました。

部品自体は一個で百円ちょっと程度のようです。
予備を常にストックして、ガタついたら自分で交換、または出来ない人はお店に行って相談するのが良いでしょう。

たった百円とか数百円の部品が原因で、泥除け自体が脱落して、高速道路の後続車に飛んでいって物損事故になったら、そのあと処理が大変ですから。

私は高速道路は頻繁に走るので、前方の車両が跳ね上げた、数ミリ程度の小石でフロントガラスが割れる被害に数限りなくあっているだけに、とても気になる泥除け破損でした。

多い時は3ヶ月連続でフロントガラスが飛び石で割れて、毎月その都度ガラス交換した年もありました(笑)

壊れたリベットの写真

こんな感じで泥除けのリベットの一本だけが、足が4本とも切断された状態でした。

3年間の振動でボディーの鉄板に当たる付近で切れてしまった様子。

  • 奥が元の破損品リベット
  • 手前はホンダカーズさんから頂いた新品リベット。

N-Box JF3オーナーさんは、日常の点検として、ご自身のN-Boxでリベットというか泥除けのガタつきがないか?

チェックした方が良いかも?

と思ったのでブログにしました。

たまたまかもしれないけどチェックすべきは左後輪、前側の泥よけ

こちらの動画がグラついている泥除けです。

この時期は積雪路面もあるので、車体への着雪によって間接的にタイヤと干渉してトドメを刺す可能性もありそうです。

そもそもの原因が着雪による干渉かもしれませんが、東北地方で着雪するのは想定内なので、左後輪の泥除けだけが外れるとしたら、すでに対策部品(強化されたリベット)が出ているかも?と期待したりして。

今日の来店時に、リベット提供で一瞬で終わったということは、リベットは壊れて当然ということで、対策品が出る雰囲気ではなさそうですね。

つまりユーザー自身で時々、泥除けのリベットはチェック怠りなくってところでしょうか。

この動画のようにグラグラしている状態でしたので、良く見るとリベットが無い!

リベットの中が抜けている

普段は見ることの無い泥除けの内側

2台とも同じ箇所だから私の車庫が原因と疑いますよね?

そう思うのが普通ですが、写真の通りで、この車庫の出入りで左後輪だけに条件が悪いとも思えませんし、出入りはその日によって、右に出たり、左に出たり、帰庫時もその時々で左から来たり、右か来たりで均等な程度で使っているので、もし車庫が原因であれば泥除け破損は左右とも発生しそうです。

車庫の出入りで破損とも思えないなあ

私は空気圧もタイヤ交換も自分で作業してますが、今まで気が付かないで過ごして来ました。

そこから想像ですが、この症状が出たのは、ちょうど三年目の現時点なのかもしれません。
故に、購入3年くらいのN-Boxオーナーさんは暇な時にちょっと泥除け点検されたら良いかと。

以前ご好評だった要チェック記事をリンクします

そう言えば、以前にも似たようなN-Boxオーナー向けの要チェックポイントの紹介記事がありました。
その時は、当ブログの読者さんにも同じ症状の方がおられて、後でお礼の連絡もあったので再掲しておきます。

N-Boxスライドドアで要チェックポイント!

https://nbox-life.com/2020/10/26/n-box-slide-door-3/

N-Boxオーナー相互の情報交換として

N-Boxは大人気者でたくさんのオーナーさんが存在します。

中には私のように業務に利用する人もいれば、ドライブ大好きで走っている人も多いと思います。

N-Boxの手入れも一生懸命で単なる生活の足では無い人が多い様子を感じます。

そのようなN-Box大好き、N-Boxが大切な相棒である人と繋がりを持てたら、お互いに情報交換して愛車を安全に長く乗れたらと思っています。

宜しければ、知り合いにもなりたいですね。

おわりに

この問題は、途中にも書きましたが、小さなリベットというプラスチック部品の破損が原因のようです。

たかがリベットなので、普通の生活の足であれば騒ぐほどじゃ無いことです。

定期点検の時などにディーラーさんが見つけて勝手に交換してくれている可能性もあると思います。

だから普通の人は慌てなくても、良いとは思ってます。

私の場合は高速走行が多いので、後続車のフロントガラス破損などの飛び石的な迷惑にならぬようにという配慮から慌ててお店に情報提供したい。そして修理したいという気持ちでした。

その点では、普通の生活の足としてN-Boxを使っている方は慌てないでくださいね。

しかも、私のN-Box2台のたまたま偶然の同じ場所の破損だったかもしれないです。
再現性などなくて、私のN-Boxだけかもしれない。

もし自分のもそうだったという方がいたらぜひ情報よろしくです。

自分で交換作業して見て

昨日、自分で作業して見ての感想です。

普段、我々ユーザーは車の下回りを見る機会は少ないので、泥除けの取り付けって、もう少しガッチリしている気がしてました。
昔の車だと、ゴム製の泥除け板に金属の骨組みが通っていて、多少の事なら曲がっても直せば良い程度の頑丈な物だったので、私の昔からの先入観ですね。

現在の軽乗用車の泥除けは、そのような昔ながらの構造ではなく、これでは簡単に外れても当然だなあと言う簡単な作りでした。

今の時代は、ボディー鉄板も薄く軽量化されているし、全体的に金属よりも軽量素材が多いです。
この今風の車体に頑丈な泥除けを付けていたら、何かで地面に引っ掛かったら車体を壊すから、その点では泥除けも簡易で固定もリベットで安全弁のような作りなのだろうと推測しました。

ただ、ユーザーが気づかない内に、泥除けがグラグラして高速道路で落下したら、後続車に危険なのは間違い無いのでもう少し取り付け方法に改善が出来たら安心だとは思いました。

形状とか実際使えるか?

分からないけど、常備したら便利そう

この場所に限らずリベットは自動車の至る所に使われていて、時々は破損するので、自分でストックしてあれば便利なんでしょうね。

今回の私の場合は、ホンダで見てもらって直したいのですが、走行中に落下とか危険性のない場所であれば、こんなの買っておいて自分で交換するのも良いなあと思ってます。

ホンダカーズに緊急で押しかけるのは嫌ですからね。そもそも走行に支障がない場所なら押しかけないか(笑)

他のブロガーさんの参考記事

N-Box for Lifeさんの泥除け関連記事で、問題は違うけど、私の今日の記事とも合わせると、N-Boxの泥除けは再設計されたら良いなあと思います。

https://nboxforlife.com/n-box-custom/rear-tire-wheel-house-stone-again/
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる