N-Boxスライドドアで要チェックポイント!

N-Boxを大切に乗っている方は見た方が良い

私もそうですが、N-Boxが大好きで大切に長く乗りたいと思っている方は、たかがパッキンでもキチンとチェックした方が良いと思ったので記事にしました。

細かい事は気にせず、ただの生活の足にと乗っているなら、あまり気にならない記事かもしれませんし、三年を超えてから見た人はちょっとショックかもしれません。

N-Box ドアパッキンのチェック!!

一見して普通に正常に貼られているパッキンも既に剥がれている可能性がある。

スライドドアのパッキンは二種類あります。

写真をご覧ください

  • ドア密閉用にメインのパッキン
  • スライドドアのレールに水が入らない為?の下にあるパッキン

スライドドアのパッキンが二種類ありますが、今回の問題となっているパッキンは、下の方のスライドドアのレールや滑車に雨水やタイヤの跳ね上げる泥水を防止すると思われるパッキンです。

見た目は大丈夫そうでも、実際は両面テープが剥がれている

見た目が大丈夫でも既に剥がれていた

両面テープ剥がれている

最初の写真ではちゃんと下段のパッキンが機能している様にも見えますが、実際にはこの通りで、重力でボディー上に、ただ乗っているだけです。
大半が剥がれてしまっているけど、一部分に接着力が残っている事と重力によって、パッキンを紛失してない状態でした。

たまたま、ベローンと垂れ下がっている状態を目撃できたので、剥がれていることを知るチャンスとなりました。

このベローン状態でスライドドアを閉めたら、ベアリング部分に挟まったりして面倒だったかもしれません。

新車購入3年未満のユーザーさんは、要チェック

問題のパッキンは、剥がれていることを三年以内に発見してディーラーさんで認識してもらわないとダメです。

三年の車検終了した直後の私でも、本来のシステムでは、既に手遅れで有償修理で15,000円?(ちょっとうろ覚え)になります。
ユーザー責任はないことですし、車のドアパッキンが三年で壊れるということ自体が普通ではあり得ないのですが、三年を超えたら有償修理の道しかありません。

ちなみにホンダの延長保証もゴム部品には無効なのでダメでした。

しかし、ただ漫然と洗車したり、ボディーの吹き上げしても、この部品が剥がれていることに気付きにくく、1枚目の写真の通り、剥がれていても、ボディーに乗っかっている状態のパッキンなので、見た目には剥がれていてもユーザーもディーラーさんも、問題を知ることなく三年の車検を通過してしまい保証対応の手遅れになります。

三年未満のN-Boxユーザーさんは、今の内にドアパッキンが剥がれてないか?手で触れて確認し、もし剥がれていたら、三年未満の内に購入店で確認してもらう必要があります。

この程度は自分で補修すれば良い。という方は良いのですが、私の様な素人が作業するには、パッキンの一部がドアの影になっている場所など面倒ですし、素人の購入する両面テープで、この場所に融雪剤とか当たるけど通用する品質なのか不明ですし、そもそも、古い残ったテープを素人が綺麗に剥がして、表面を整えて貼り直しなんて相当困難。

しかも、面倒ですが乾燥している日に限定して実行する必要があるので作業日程も限られます。

立派なシャッター付きガレージがあれば好きな時に出来るでしょうけど。

最近ベアリング交換実施していた

関連性はあるか無いか分からないが、先日の三年車検時に、私はスライドドアのベアリング交換をしております。

場所的に見ると、上記のパッキンが剥がれたために、前輪の跳ね上げる泥水が進入して、下記の滑車のベアリングが劣化した可能性も100%否定は難しい感じがします。おそらくパッキン剥がれは一年は前から剥がれていたと思う汚れ状態でしたので。

先日、ベアリングが劣化して交換したばかり

先日のベアリング交換の記事がこちら↓↓

N-Boxのスライドドアのベアリング不良

https://nbox-life.com/2020/09/19/n-box-slide-door-2/

もしかしたら、パッキンが機能してないからベアリングと言う普通は問題が出ない部品まで不調が出たのか?と気になりました。
スライドドア付きの車を使う様になって長い(20年くらい)ので、いろいろな車種で使って来ましたが、20万キロほど使っても、ドアのベアリングやゴムパッキンが破損した事がなく、まして三年以内ではあり得ない気がする故障でした。

話をドアパッキンに戻します

高確率で発生しそうな問題

私は二台のN-BoxカスタムターボJF3が、なんと二台とも、スライドドアの防水パッキンが剥がれてました。
しかも二台ともに左右共に剥がれて来てました。

つまり、合計4本のパッキン中の4本とも剥がれていたので、私のN-Boxでは確率100%で発生する問題ですので、このブログを見るN-Boxオーナーの貴方も他人事では無いかも?

今すぐ、ご自身のN-Boxのスライドドアの下段にあるパッキンのチェックしましょうね。
見た目が大丈夫でも両面テープが既に死んでいる可能性があります。(私の実績から)

私の場合は幸運

私の場合は、全面的にN-Boxの全ての整備をお任せしているディーラーさんが救済された

お店は大切な窓口

私の場合は、いつも二台のN-Boxとも全面的に整備をお任せしているホンダ正規ディーラーがあります。

オイル交換、ワイパーゴム、点検、車検、などN-Boxの一切を正規ディーラーさんでお願いしてます。
このお店が状況を考えて、私の使い方問題ではなく、また、三年未満から発生していた症状だと言う可能性を信じてくれて、お店の出来る範囲での無償修理で直してくれました。

普通、この状況、保証切れて発覚した問題は、メーカー保証が効かない(今回は延長保証も無効になる場所)ので、
ユーザーの実費で15,000円?(ちょっと忘れた)で修理になる場面です。

お店としては、保証期間内から剥がれていたであろう可能性(写真の様に汚れを見れば明らか)を鑑みて、お店の可能な範囲で無償で救済してくれました。

可能な範囲とは、パッキンを新品交換ではなく、現在のパッキンを利用して、相応に強力な両面テープで貼り直す対応でした。

パッキンは良好な状態であり、両面テープだけがダメだったので、この対応で問題はありません。
お店のサービスマンが手間だったとは思いますが、本当ありがとうございます。

親切な信頼出来るお店から車を買う事の大切さを実感してます。

ありがとうございます。

剥がれても発覚しにくい理由再掲示

同じN-Box乗りに、とても大事なポイントなので、再度書きますが、普通に洗車、吹き上げ作業しても気がつかないので、要注意です。

ユーザーが気づかない訳

このパッキンは写真の通り、ボディーの上に乗っている状態で貼り付けられてます。
だから、剥がれても重力と一部分の残存した両面テープによってボディーの上に乗っているので、剥がれているのに気がつかない。
ほとんど全域で両面テープが剥がれて初めて、位置がズレてベローンとなって剥がれていたと知る。
だが、しかし、メーカー保証は三年なのですが、丁度その辺りで気が付いてしまうのだと思います。

ホッとしてます

私が、もう少しだけ早く発見出来ていたらメーカー保証でパッキンごと交換だった事なので、正直言って悔しい気持ちもありましたが、お店として出来る限りの対応をしてくれたので、それは当たり前ではないと思ってますので嬉しい事です。

誠に暖かいユーザー目線の対応でした。

次回もこのお店だなと改めて実感した出来事でした。

総合評価

N-Boxは素晴らしい

今回はベアリング不良&ドアのパッキンが三年で機能しなくなると言う事で慌ててしまった記事ですが、N-Boxとして総合評価するならば、三年乗って、この程度の問題で済んでいる事は高品質だと思ってます。

私は国産全メーカーの車を乗って来ました。

その中でホンダのN-Boxは現在3台目ではありますが、3台とも故障らしい故障はありませんでした。
今回のドアパッキンも走行には支障がないので故障と言うほどの話ではないし、スライドドアのベアリングもドアが開閉できない訳じゃなく、キーンと言う音が恥ずかしいだけで、しかも保証修理されているので大きな問題ではありません。

故に、この記事がN-Boxの信用を落とす事がない様にだけ気をつけたいと思っています。

私は今後も買い替え時には、間違いなくN-Boxを買います。

そして、N-Boxを買うお店も、今と同じお店と決めてます。

この程度の部品の問題は、N-Box全体の性能と品質からしたらゴミ同然ですので、重箱のすみを突っつく気で書いたのではなく、同じN-Box乗りが三年保証切れの前に、きちんと点検をすることを願って書いてます。

2台とも完了

いつものホンダカーズ宮城中央東勝山店にて、2台ともにパッキンの補修作業が完了しました。

キチンと取付けられてますので、これでN-Boxが寿命を完了するまで大丈夫でしょう。

しかも、無償対応にも関わらず、素晴らしいプロの洗車もサービスでやってくれてました。

とてもビックリです。

敷地内に引き取りに入った途端、ピカピカの愛車が見えたので、まさか?洗車?とは思いましたが。

この記事が気に入ったらFollow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です