改めてN-BoxのCarPlay対応が嬉しい

目次

今は当たり前のCarPlay

私はJF3カスタムターボを購入時にホンダ純正N-BOX専用ナビでCarPlay対応を選んだので、そこからiPhoneと親和性の高いCarPlayライフを楽しんでます。

CarPlay対応のN-Box環境の利便性は、カーナビの画面にiPhoneのホーム画面(全部のアプリが出るわけじゃなく、対応アプリだけですが)が出ること。

iTunes、Apple Music、Podcast、オーディオブック、radikoなど、車内を楽しく過ごせるアプリがカーナビ環境下で楽しめること。

突然の行き先変更の場合に、走行中でもハンドルのハンズフリーボタンに対して、XXへ行くなどの音声コマンドで、瞬時にアップル純正マップアプリのカーナビ設定が完了すること。

ショートメールの発着信も音声で対応可能など実に便利です。

カーナビにiPhoneのホーム画面もどきが出る

使い慣れても嬉しい装備

今ではすっかり慣れ親しんだCarPlay環境ですが、今もふとした瞬間にCarPlayに対応する環境で良かったなあと思う時があります。

私はオーディオ環境を時々、SpotifyやAmazonミュージックに浮気したこともあるのですが、最終的に毎回Apple Musicに戻るのもCarPlay時の親和性が一番高いからでした。

色々とSpotifyもAmazonも魅力的なのですが、商売柄もあって車内環境で使いやすいのは大切なので。

今日は、たまたま昨日も疲れた時にCarPlayで楽ちんで良かったなと思ったので、思い出して買いてみました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次