REGNO GR-Leggeraは太い!

目次

同じインチ数のタイヤ同士でこの違い

私が購入するのは、この写真のサイズの14インチではなく15インチなので、もしかして更に太さの差が出るのかも知れません。
とりあえずブリヂストンのタイヤ館で展示品として、455/65/R14のREGNOとECOPIAが並んで展示されていたので、店長さんに許可を得て、棚から出して太さのサイズ写真を撮らせて頂きました。

見ての通り、左がREGNOで右がECOPIAです。
全く同じサイズのタイヤ比較のはずですが、どう見ても左のレグノが太い様に見えます。
目の錯覚ではなく、明らかに違うと思います。

このタイヤサイズの違いが、走行安定性の格段に良くなる事にも影響するのかも知れませんね。

ただ、この時点ではその良さがわからなくなってました。

私は昔からブリヂストンのレグノ派だったのですが、レグノに慣れ過ぎると本当に良いのか?分からなくなります。

N-Boxをタイヤを純正からレグノに交換して比較

ちなみに、N-Boxカスタムターボ(JF3)新車装着時のタイヤは、私の手元の2台で言えば、N-Boxカスタムターボはブリヂストンのエコピアで、N-Boxカスタムターボのスロープ仕様だと14インチになる為か?ダンロップのエナセーブという違いがあります。

今回は15インチが標準のN-Boxカスタムターボのタイヤを交換するので、元の純正はブリヂストンのエコピアNH100c相当の15インチでした。
そこから同サイズ規格のレグノに入れ替えました。

その時点での純正エコピアの残り溝は、4.5mmから5mm程度なので、新品が8mmだとすると半分以上残っている状態でしたので、乗り心地は極端に落ちてない状態からのレグノ載せ替えです。

N-Boxにレグノ新品装着した瞬間

エコピア→レグノの履き替え印象

走行30メートルで分かる違いがある

タイヤ館で履き替えてもらって、発車して敷地を出る段階で感じるのは、乗り心地の向上でした。
同じ銘柄のタイヤを新品にしても乗り心地は向上するものですが、それが明確になるのはスリップサインが出そうなレベルのタイヤからの買い替えであって、今回のように溝がまあまああると、ここまで極端には分からないはず。

しかも、乗り心地がゴムの厚みで良くなったと言うレベルではなく、車が高級になったような感じでした。
ちなみに空気圧は交換の前後で全く同じに設定してあります。

数キロで分かる乗り心地の激変

いつもの道路なので、どんな感じの振動があるか?など熟知しているルートです。

  • 明らかに路面の凹凸の衝撃吸収が静かです。
  • 大きめの段差での車体の上下運動の減衰が瞬間。
  • 交差点やコーナーリングでハンドルの切れ味が良い。
  • それでいて、乗っていて横Gで首が疲れるようなスポーティーなハンドリングではなく大人の運転の範疇
  • ロードノイズも激減

運転する私だけではなく、助手席の妻も激変ぶりに驚いておりました。

サスのセッティングが変更されたみたいな感じ

私は以前トヨタのハイラックスサーフSSR-G V6 3400CCに乗っていました。
おそらくサーフの最上級モデルでフル装備でしたので、装備も充実で足回りも、ショックの硬さをノーマルとハード2段階を運転席のスイッチ1つで切り替え可能でした。

ノーマルの走行フィーリングは乗り心地が高級車なのですが、高速道路を飛ばすとフワフワして不安定になるので、そこでハード設定に切り替えると高速走行時の道路のうねりなどを超える場面でも上下の大きな振幅で飛ばされる事なく、車輪が路面のうねりに追従する。
車体の上下振動が出ても、瞬時にその揺れが減衰される感じでした。

N-Boxに新車装着されたエコピアからレグノに切り替えた違いは正にこれでした。
ハイラックスサーフのサスペンション設定をノーマルからハードに切り替えた感じでした。
とは言え、硬くなったのではなく、乗り心地も向上して、更に安定感が増したので、サーフのサスペンション設定で言えば両方の良いところ取った感じ。

  • サスペンションが変更された?
  • ショックを交換した?

そんなレベルで安定した、しかも乗り心地もワンランク上の車体になったような走行フィーリングになってました。

わずかな差額で大きな違い

今回の買い替えまで、私はレグノに慣れすぎて、当たり前になってその良さを感じられなくなっていたのですが、一旦、新車装着タイヤに戻すという手順を踏むことで、レグノの素晴らしさを再認識しました。

確かに、初めてレグノを履いた時にこんな感覚だったと思い出しました。
今回はブログに残したので、印象も強烈ですし、忘れることが無いです。

ちなみに、両者の価格差ですが、レグノとエコピアは、N-BOX用15インチで言えば、おそらく一本あたり三千円とか、その程度の差額だったような気がします。
何店舗か聞いて回って最安値のタイヤ館さんに決めたので、各店舗の細かい差額を今は覚えてませんが、一本あたりの、たった数千円の差額で、結果が静かになって乗り心地が良くて、運転フィーリングも向上するとなれば、お買い得であることは間違いありません。

しかも一度購入したら何万キロも走る間の安全性も向上した状態になる。

私の個人的な意見ですが、お値段以上の満足感だったと思います。

メーカーのHPから宣伝画像をお借りします。↓

ブリヂストンのHPからお借り

私の感想まとめ

これからは常にタイヤを買う時はREGNO GR-Leggeraを買いたいと改めて思いました。
乗りなれたら感じなくなったので、普通のエコタイヤでも良いかな?と迷いがあったのですが、今度は性能差を痛感したので2度と浮気はしないですね。

ただ、新車時はせっかくの新車装着タイヤとアルミが勿体無いので、多分新車時はそれを履くとは思うのですが、その後で買うタイヤはレグノですね。

ももちゃん便
ももちゃん便

ホンダさん、N-Boxカスタムターボだけでも、最初からレグノが標準装備になったら良いと思います。
N-Boxカスタムターボとの相性は最高だと思いました。差額が多少あってもその方がベストかと。


created by Rinker
ブリヂストン(BRIDGESTONE)
¥12,090 (2021/08/02 19:19:21時点 Amazon調べ-詳細)
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる