DRV-CW560のファームウエア更新後の感想

360°ドラレコDRV-CW560のSDスロット付近

DRV-CW560のファームウエア更新V1.00.08.04

先日、360°ドライブレコーダーのファームウエア更新があったので実行してみたので、その感想を書いてみます。

購入したばかりなのでファームウエア更新は出て無いかな?
と思ったけど、一応ケンウッドのホームページを見たら更新版が出てましたね。

2021/02/10現在の最新版がV1.00.08.04です。

KENWOODにファームウエア更新V1.00.08.04がある

ファームウエア更新当日の記事

KENWOODのDRV-CW560-Kのファームウエアアップデート 
先日の記事がこちら→ドライブレコーダーのファームウエア更新しました

更新作業を終えて使用した感想

ファームウエア更新する前は、ライブビューの通信切断されるケースが多々ありました。
この機種は液晶画面が内蔵されてない珍しい形状なので、カメラの角度調整などでiPhoneにWi-Fiでライブビュー表示させることが必須ですが、その表示中にWi-Fiが切れたのか?って事が多々あったのですが、ファームウエア更新の後は今のところ一回も切れてません。

ファームウエアの変更点としては明記されてない気がしますが、私の実感としてはこのWi-Fi接続の安定性が向上したのではないかな?って個人的に思ってます。

全く無関係な更新でも、フルリセットされる更新だったので、もしかしたら単にリセットされたのかも知れませんが、もしWi-Fiが不安定だと感じてる方がいたら、ファームウエアバージョンがどうなっているか?確認すると良いかも知れません。

更新作業で注意すべき点
本体電源の入った状態でファームウエア更新用のmicroSDカードを差し込むと、ファームウエア更新が起動されずに、microSDカードの初期化されてしまいます。
必ず電源が落ちた状態のドライブレコーダーにファームウエア更新用のmicroSDを入れて、その後で電源を入れます。

この記事が気に入ったらFollow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です