私のタイヤ交換を楽にしたアイテム紹介

目次

春と秋を楽勝にするアイテム

私には商売柄もあって、タイヤ交換とかタイヤ預かりサービスを外部委託は出来ません。

何しろ、仙台では雪の心配がない季節でも、突然、北海道の旭川市とか行く事もありますし、その場合は慌てて冬用タイヤにする事もあります。

逆に、春のゴールデンウイークを境に夏タイヤにしますが、ゴールデンウィーク頃にも稀に雪が積もることもあるのが北海道や東北各地の山間部。
この場合も慌ててスタッドレスに戻してから走らなければなりません。

自由自在に瞬時に履き替えるには、自分の車庫にF1ピット気分でタイヤを短時間で入れ替える道具が必要です。

今現在の私のお気に入り工具類

過去にもコスパ最高だと思った道具はあったのですが、年齢や時代の進歩と共に入れ替えてきました。

マキタの電動工具タイヤ交換用
マキタ充電式工具
BAL ( 大橋産業 ) タイヤゲージ ホース付 1224
BAL ( 大橋産業 ) タイヤゲージ ホース付 1224
スタッドレスタイヤ
油圧ジャッキ

今日現在(2021/10/29)の私のタイヤ交換のお気に入りアイテムは以下です。

油圧ジャッキ

私は、いろいろな油圧ジャッキを買い替えてきたのですが、軽自動車であるN-Boxにはこのくらいが最適かなと思ってます。
もっと大型の油圧ジャッキはありましたが、正直、車体の下まで移動してくるだけでも面倒臭くなりましたが、この程度のジャッキなら片手で持って歩けます。
車体の下のジャッキアップポイントに当てるのも手で移動して簡単です。
それでいて、そこそこレバレッジも働くので軽く持ち上がります。
最小に縮めると床の低いN-Boxカスタムターボでも大丈夫なのも嬉しいですね。

マサダ製作所(Masada)
¥15,000 (2021/11/28 12:39:48時点 | Amazon調べ)

充電式空気入れ

マキタの工具に最近はハマってます。18Vシリーズがコスパ的に最高な気がしてます。
マキタの18Vなら充電式でも強烈な力を感じます。
価格がそれなりにしますがパワフルなだけじゃなく、オートストップも正確に動作しますので、ほとんどエアゲージを使うことがないほどです。
稀にエアゲージを使うのは、マキタを手元に持ってきてない日にふと空気圧がどうだったかな?と気になった場合には、N-Boxに常備させているBALのエアゲージを使う事もあります。

充電式インパクトレンチ

マキタのインパクトを使うようになってからボルトが外せなくて困るって事がありません。そのくらいに強烈なインパクトレンチです。
しかも、捻じ切ってしまう恐れがないように、軽自動車用に締め付けトルクは最小限に抑える設定があります。
そして、ボルトを外す際には、勢い余ってボルトが飛んで行くなんてシーンも皆無です。外れる一瞬手前で一度停止するので、そこから微速度で回して手のひらにボルトをポトンと落とします。

N-Boxの純正アルミのボルトの隙間にも問題ないインパクト用のホイールナットソケットはこちらを使ってます。

最近はマキタの空気入れのゲージ任せですが、たまに使うゲージがこちらです。
ゴムホースが付いているので、タイヤの角度に合わせての取り回しが楽です。

大橋産業 (BAL)
¥1,310 (2021/11/28 12:39:48時点 | Amazon調べ)

トルクレンチ

充電式のインパクトレンチでは、大雑把になりますので、最後の締め付けトルクは、この手動のトルクレンチで行います。
最後の締め付けだけなので、本当に楽になりました。

大橋産業 (BAL)
¥3,409 (2021/11/28 12:39:49時点 | Amazon調べ)

ゴム製ハンマー

タイヤがハブに固着していることが多々あります。そんな場合にゴムハンマーで軽く衝撃を与えると簡単に外れることがあります。あまり無理に叩いてジャッキが倒れたり、妙な場所を破損したら危険ですので、自分では難しいと感じたらホンダカーズ店に頼みましょうね。

コンヨ(KONYO)
¥270 (2021/11/28 12:39:50時点 | Amazon調べ)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
上に戻る
目次
閉じる