N-Boxの12ヶ月点検

目次

N-Boxカスタムターボ(乗用車)の点検

ホンダカーズのMyディーラーにて、12ヶ月点検を予約通りに実施して来ました。
特に問題箇所はなく、距離交換部品も正確に言えば無いのですが、私の主義としてイリジウムプラグは早め交換したいので、それとエンジン吸気のエアクリーナーも早めに交換しても良いので追加でお願いしました。

イリジウムプラグの交換

私は昔の車だとプラグの点検や交換は自分でやっておりました。どの高性能プラグを買おうかな?と毎回楽しみでした。
ハイラックスサーフのV6 3400CCエンジンの時に、エンジンが肉厚過ぎてプラグが奥底すぎて、あまりにも大変な作業とプラグ本数が多い事から自力作業を断念して、それ以来、乗用車系には手を出さなくなりました。

N-Boxは素人作業は難しい

軽自動車なら簡単かと言えばN-Boxカスタムターボは、エンジンルームを一眼見て、ハイラックスサーフより面倒なのは明らかでした。
小さなエンジンルームに沢山の部品が入ってますので、プラグが奥に隠れてしまって、作業はプロだけが行う前提になるのも仕方ない事です。

N-Boxのような小さな車に限った話でもなく、最近の車の多くは昔のようにプラグキャップを外したら、そこにプラグ自体の頭がモロ見えの構造では無く、素人には難易度高くなってます。

昔は自分でやった経験から見て、最近の車でプラグ交換の工賃が高いのは、大変な作業を代わりにやってくれて有難う!
と言う感謝の気持ちでお支払いする価値が十分にある。

プラグ交換は定期点検時がお得

ところでN-Boxのイリジウムプラグは部品代だけなら安価で一台分で8000円程度です。
さらに定期点検で同時に交換するとその工賃が、なんと無料になります。

支払う価値のある工賃であると言った矢先に矛盾するようですが、そうではありません(笑)

その理由は、定期点検の項目には、プラグの点検が含まれており、その点検中で交換するので、作業工程が増えてないからです。
ちなみに実際の工賃がいくらかは忘れましたが、ターボ車は特に面倒なのでイリジウムプラグ自体より明らかに高い記憶があります。

つまり経済的に見てもイリジウムプラグは交換時期が来てなくても、定期点検や車検時に同時交換する方がお得です。

おそらく整備士さんとしても、古いプラグを外して、それを清掃して、元に戻すよりも新品のイリジウムに入れ替えた方が掃除と言う1つの工程が省けるので良いだろうと予想します。

定期点検で交換する理由は他にも

最近の車は素人がプラグを脱着出来ないと言う事は、愛車の日常的なDIY点検としてプラグ状態を見ることが難しいです。
昔みたいにプラグが被るとか無いから信頼性はあるのかも知れませんが、昔は自分で見ていた世代には不安になる物です。

サービスマニュアルで書かれた交換推奨される距離まで本当に大丈夫なのか?
自分じゃ見えないプラグだと心配になりますよね?

その点からも、指定された交換距離まで余裕があっても、私は定期点検時に交換した方が良いと考えてます。
ちなみに、指定された距離もプラグメーカーの書いている話と、自動車メーカーの書いている距離が違うので、そこは純正だからかも知れませんが、走行内容などでも変わるから判断が難しいのかも知れません。

とか考え出すと、早めに交換した方が良いですよね。
ただ、あまり神経質になって定期点検以外にも変えたら逆効果かなとは思います。
あまり頻繁に脱着する構造ではなさそうな部分なので、無意味に交換頻度を高くすると、作業ミスしてねじ山を痛めたりするリスクもあるし。だから定期点検でプラグを脱着するタイミングで新品にするのが一番車に優しい気がしてます。

これがサービスマンに対して無料で余計な作業を追加するなら気の毒ですが、作業項目としてプラグを外してチェックする項目が既に入っているので、外したプラグを廃棄して、代わりに新品を入れるだけ。
途中に書いた通り清掃の手間が減って良いと思いますので、サービスマンも私も双方でWIN-WINだろうと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
上に戻る
目次
閉じる