ユピテルA370で無線LAN機能付SDカードを使ってみた二日目

目次

昨日、ユピテルの無線LAN機能付きのSDカード(A370用)が届いて早速利用して二日目の感想です。

ユピテルの無線LAN対応SDカードの記事一覧は、こちらのリンクにまとめます!

https://nbox-life.com/tag/op-wlsd16/

ユピテルレーダー探知機A370を無線LAN化2日目

N-Boxに乗り込んで、エンジン始動させて少しすると、まだ暖機運転中にA370の画面に自動ダウンロード中を示す文言が表示されました。

その時は妻との会話中で、その画面自体は撮影できてないのですが、まあこんなイメージですという画像を貼りますね。

ユピテルA370
車に乗り込んだら勝手に自動更新されてました

私の車内LAN環境について

上記のようなN-Boxに乗り込んだら何もしないでも自動的に最新情報にA370が更新されるのは、私のiPhoneがインターネットを共有する設定にしてあるからです。

私がN-Boxに乗る時は、A370はネットに接続された状態で走行することになりますので、一日中、チャンスがあったら最新データーになるんだと思います。

ご自宅のWi-Fiが車庫に十分に強く到達する場合は、もしかしたらご自宅の無線LANだけで良いかもしれませんが、私の場合は自宅の無線LANは車庫では弱いのです。鉄筋の建物なので屋外にはあまりWi-Fiが出てきません。屋内だとラジオも聞こえない家です(笑)。

公開交通取締情報について

ユピテルのレーダー探知機はGPS対応になってから、昔から公開交通取締情報に対応してますが、私の場合は今まで無線LAN対応させてなかったので、毎月一回だけGPSデーター更新の際にSDカードにその時点の最新情報が入るだけでした。

こんなんで役に立つのか?って状態でしたが、こうして無線LAN対応してみたら毎日乗った瞬間にダウンロードされるので、公開交通取締情報は有効なのだと初めて知りました。

A370をフル性能で使うには、無線LAN対応のSDカードを購入することが必須だと実感です。

無線LANでこんなに便利になります

ファームウェア自動チェック

無線LAN接続で警報を強化、さらに便利に。

無線LANが接続できる状況なら、本機の電源ONとともに自動でダウンロードサーバーに接続し、最新のファームウェアを確認します。常に最新のバージョンでお使いいただけます。

警報情報を自動更新

オービス・取締系&コンテンツデータ、公開取締情報・速度取締り指針を起動と同時に更新。常に最新のデータを使用できるので、警報がより強化されます。

無線LANを使用しての自動更新の流れ
  • ※データのダウンロードには別途、オービス・取締系&コンテンツデータ更新プランの契約(有料)が必要です。ご契約いただくと、毎月更新されるデータのダウンロードを行うことができます。ダウンロードに掛かる通信費はお客様のご負担になります。
  • ※実写データや、無線LAN経由の投稿データは自動更新できません。

リアルタイム取締・検問情報

弊社投稿機能付きレーダー探知機などで投稿されたリアルタイム取締・検問情報を、専用アイコンで警報します。また、発見した取締情報の投稿も可能です。


すっかり気に入ったので、私は今後のレーダー買い替えの際にも必ず、レーダー本体と一緒に、無線LAN対応SDカード(OP-WLSD16)を購入ですね。


すっかり気に入ったので、私は今後のレーダー買い替えの際にも必ず、レーダー本体と一緒に、無線LAN対応SDカード(OP-WLSD16)を購入ですね。

無線LAN対応させてますます好きになったA370

ここにテキストを入力

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる