N-Box純正の冬用ワイパーが活躍する季節

東北の冬の必須装備

冬用ワイパーは割高感があるし、ゴムだけ交換が出来ない(一部可能なものもあるが)ので、装着しない人も多くなってます。

しかし、路面状態が危険な時にこそ、冬用ワイパーが必須になるものです。

こんな路面で視界が悪かったら、危険度は急上昇しますので、冬用ワイパーは東北の冬の必需品だと思ってます。

笹谷峠の冬
笹谷峠の冬

この時期になると笹谷峠などは、氷点下になることは普通です。

N-Box純正の夏用ワイパーも見た目は冬用っぽい作りなので、一般的なワイパーに比べたら寒い場所にも強いのですが。。。。。

私の体験からはマイナス2度を境として、N-Box純正の夏用のノーマルワイパーは機能しなくなります。

そこから先の極寒領域は、N-Box純正の冬用ワイパーが活躍します。

N-Box純正の夏と冬のワイパー

N-Box純正ワイパーの夏冬比較
N-Box純正ワイパーの夏冬比較
  • 写真の上が冬用のN-Box純正ワイパー
  • 写真の下がN-Box純正の夏用ワイパー

どうでしょうか?

ぱっと見には下段の夏用ワイパーも冬でも行けそうですよね?
構造上の違いは、夏用はゴムだけ交換が出来るように両サイドには取り外し可能な蓋があるけど、冬用はワイパーボディー全体を一式で買い替えなので、そのようなエコな機能性はありません。
思うに、余計な空間があれば水が入って凍結して柔軟性がなくなるので、ゴム交換方式にしない方が高性能なのだと思われます。
昔に某メーカーさんのゴム交換が可能な冬用を買ったことがありますが、氷点下の道路ではあっという間に凍結して夏用ワイパー並だったので2度と買わなくなりました。何年も昔のことだから今では違うかもしれませんが、それ以来、冬用ワイパーはゴム交換タイプは欲しくないです。

冬用ワイパー必須の判断基準

ぱっと見には使えそうなN-Box純正夏ワイパーですが、東北の冬道はそこまで甘くありません。

氷点下2度以下になると、突然、ビリビリとフロントガラスとの密着がうまく行かないビビり音が出てきます。

この音が出てくると間も無く拭き取り能力が急降下して、ワイパーが動いても何も拭き取れない状態に陥ります。

なので、もし貴方の運転する場所で、時々でもワイパーのビビり音が聞かれるようであれば、おそらく夏ワイパーとして限界の寒さだと思うので、不要用ワイパーを買った方が良いと思われます。

もし、冬用ワイパーも持っている状態で、この音が出たら、速攻、一番手前のPAに入ってワイパー交換すべきですし、手持ちがなければガソリンスタンドや車屋さんで適合する冬用ワイパーを買うべきですね。

私のお勧めはN-Box純正の冬用ワイパー

N-Boxでもホンダセンシング搭載の年式になってからフロントガラスのRがキツくなりました。

その為に助手席側の拭き取りが社外品の冬ワイパーだと若干難しかったりします。

大丈夫な製品もあるかとは思いますが、ここはやっぱりホンダのN-Box純正が安心ですね。

少々高いのですが、しかしフロントリアのフルセットなら割引価格で購入可能なので、まあ性能と安心とデザインと全て込みでの価格と見たら高くはないです。

ただし、常に在庫している物ではないので、お早めにホンダのディーラーさんに取り寄せを頼まないといざと言う時に困りますので。

この記事が気に入ったらFollow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です