Apple Watch Series 4(GPS + Cellularモデル)- 44mmステンレススチールケースとミラネーゼループ

Apple Watch4
Apple Watch Series 4(GPS + Cellularモデル)- 44mmステンレススチールケースとミラネーゼループ

素晴らし過ぎる

Apple Watch Series 4(GPS + Cellularモデル)- 44mmステンレススチールケースとミラネーゼループ
私のApple Watch

これは私が実際の購入して一ヶ月ほど利用したApple Watchです。想像以上に素晴らしいです。

アップル製品全般に言える事ですがスペックでは語れない良さがありますし、宣伝ではわからない素晴らしさがあります。

アップル製品はとりあえず買ってみて使う内に良さがわかる人が買えば良いと思います。

N-Boxのナビにも便利

買って分かったことですが、N-Boxで純正ナビでiPhoneの曲をCarPlay再生している時に、Apple Watchの画面にもその曲の表示されているんですね。

助手席にいる場合、リクライニングして寝ながら音楽を聞いている場合に、曲飛ばしたり、自分のApple Watchで操作できちゃいました。

わざわざ腹筋運動で起き上がってナビを触ったり、運転している人にハンドルボタンで曲を飛ばしてもらう必要がありません。

こうしてApple Watchを含めてアップル製品が増えてくると、カーナビのCarPlay対応もあるし、音楽ソースはApple Musicに決まりだなあと思うようになりました。

少し前までSpotifyとか散々浮気してきました。

スポーツベルトも買いました

ナイキスポーツベルト
ナイキのスポーツベルト

私はオルトスポーツクラブで利用予定がありましたので、オルトスポーツクラブに問い合わせしてプールも含めてApple Watch利用可能である点は確認してあります。

その際、Apple Watchでもシリコンベルトの物に限ってプールでの着用許可という事でした。

私は最初からスポーツベルトモデルを買うおうか?(例えばナイキモデルとか)と当初考えてました。

でも、ステンレスモデルが欲しい。そうするとナイキモデルには無い。

しかし、ステンレスモデルでシリコンバンドが付属するモデルを見たらアンバランス。

ステンレスモデル本体は高級感があってスポーツ以外にも普段から着用しても大人の男性としてカッコ悪くない品質ですが、ステンレス本体に付属するスポーツバンドは安っぽい事この上なし。

スポーツバンドでもナイキのバンドは悪くないのですが、アップル純正のスポーツバンドはどうも好きになれません。

そこで、案1は、ステンレスボディーにスポーツバンドのモデルを購入した上で、ヨドバシにて販売されていたステンレスの普段用の社外品ベルトを購入して、普段はその社外品のステンレスベルトを使う。

案2は、ステンレスボディーにそもそもアップル純正のステンレスベルトが付属するモデルを購入して、別途プール用にナイキのスポーツベルトだけを購入する。

案1は社外品のステンレスベルトは五千円程度なのでトータルコストが安いです。

案2はそもそも純正ステンレスベルトのApple Watchが高額なので、さらにプールにナイキのベルトを買うと高くなる。

ヨドバシカメラ仙台店で、さんざん迷って、結果として純正でステンレスベルトを装着したモデルを購入して、プール用にナイキベルトを別途購入する道を選びました。

その理由は、社外品のステンレスベルトは、コネクター部分が安っぽい感じで、毎日の装着時にテンションが下がりそうな気がしました。

それと純正のスポーツベルトはなんとなく好きになれないので、プールでもテンションが下がるし、普段の社外品ステンレスベルトでもテンションが下がるのでは、10万円以上の買い物としては気分が乗らない。

結論

私の場合は、自分の気持ちに正直になると、まずはApple Watchは純正のステンレスベルト付き。普段はビジネスも含めてこの形で使う。

オルトスポーツクラブで泳ぐ場合は、追加購入したナイキベルトに着替えさせる。

これでどんな場面でもハッピーな気分で楽しめました。

購入から一ヶ月程度になりますが、飽きることもなく、ますます気に入った組み合わせです。

参考程度にアマゾンのリンクを貼ります。購入は自己責任でお願いします。


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です