あくまで自己責任で

私は今朝、実際にiPhone11 Proで以下のSDカードリーダーを使って、ユピテルのA350αのGPSデーターパックのデーター更新が成功しました。

しかし、ユピテルさんが公式にiPhoneでSDカードリーダー経由で更新する事を許可しているかは知りませんし、メーカーとして動作確認しているのかも知りません。

もしかすると、この様な作業で更新処理をする場合は、付属SDカード内の大事なファイルを損傷する恐れもあるかもしれません。

SD内には何度でもダウンロード出来るGPSデーターパックだけではなく、消失したら有料でユピテルさんに復元して頂くことになるファイルもあります。

例えば機種毎に起動するのに必須なプログラム?とか、地図表示するデーターなどです。

これらはユーザー責任で消滅したら有料でユピテルさんに依頼しなければ元に戻らないデーターです。

だから、このページを見て、自分もやってみようと思ったら、それは万一のトラブルには自己責任でお願いします。

私は長年のユピテルユーザーとして、自宅での更新作業に嫌になっていたので、自己責任でやってみたので。

これが更新に使ったアダプター

iPhoneとSDカードリーダーで車内でGPSレーダーの更新が可能
iPhoneとApple Lightning – SDカードカメラリーダーで車内でGPSレーダーの更新が可能

このLightningタイプのSDカードリーダー(Apple Lightning – SDカードカメラリーダー)は以前から写真アプリ用をiPadやiPhoneに取り込みたい時に活用してました。

だがしかし、以前のiOSでは純正の写真アプリへの写真取り込みだけの用途に限られていた様でした。少なくとも私はそう思ってました。

iOS13.1でデーター更新に成功

iOS13.1のiPhone11Proと、こちらのSDカードリーダー(Apple Lightning – SDカードカメラリーダー)を持参してN-Boxの運転席に行って実験して来ました。

N-Boxに装備しているレーダーは、ユピテルのA350αと言う今日現在(2019年9月27日)の最新型のGPSレーダー&レーザー探知機です。ユピテルは販売ルートやパッケージが簡易で取説はネットで見るか紙で製本されたのが入っているか、などで型番が分かれてますので、本体が同等としてはLS300、GS103が該当する様です。

私のデーター更新の手順

  1. iPhoneのSafariでMy Yupiteruにログインして最新のGPSデーターパックをiPhone11 Proのローカルにダウンロードする。
    (My YupiteruでGPSデーター更新する権利は購入してある前提。)
  2. ダウンロードされたデーターはZIP形式なので、解凍し、出来たフォルダーを開いて更新データーファイルが入っていることを確認しておく
  3. GPSレーダー探知機A350α本体からSDカードを抜き取る
  4. そのSDカードをApple Lightning – SDカードカメラリーダーに挿入
  5. SDカードが挿入されたアダプタをiPhoneのLightning端子に接続
  6. iPhoneのFinder機能を使って、先ほどダウンロー&解凍してあった更新ファイルを、SDカードのルートにコピーする。(移動と表示された気がしましたが、iPhone本体とSDカードは別ドライブなのでコピーになったのかも)
  7. SDカードへのコピーが完了したら、SDカードはアダプターから抜いて、GPSレーダー探知機A350α本体のSDカードスロットまでさし直す。
  8. N-Boxのエンジンを始動させてA350αが起動することを確認する。
  9. 念の為A350αの設定画面でGPSデーターが最新版になっている事を確認。
GPSレーダーの更新をiPhoneで行う
オービスデーターの年月で最新を確認

無事に車内でiPhoneとカードリーダーを使ってGPSデーター更新が完了

これって私の長年の夢だった事です。
車内作業だけでiPhoneだけでGPSデーターパックを最新版にする事。

今までも、ユピテルから販売されているWi-Fi機能付きの専用SDカードを購入すれば出来た事です。

車庫にWi-Fiが来ているならOKですし、Wi-Fiが届いてない車庫や出先とかでもiPhoneのテザリングを使えば、車内だけでデーター更新の作業が完結できました。

ですが、このユピテルの専用Wi-Fi内蔵のSDカードは高いし、そればかりか将来機種変更したらそのままで使うことが出来ない。

わざわざ有料で機種データーも入れ替えが必要だったり面倒でした。

だから私は、ユピテルのレーダーに限っては、自宅のMacにSDカードを持って行ってデーター更新をして、再びN-Boxに戻ってSDカードをさし直す。そんな作業を毎月一回、やっていたんです。

月一の小さなストレス

別に毎月一回だけの作業だと言われそうですが、何年間もその習慣をやっているとですね、ユピテルからGPSデーター更新お知らせメールが来ても、SDカードをN-Boxから取り出して家に持ち帰るのが、ちょっと面倒で忘れがちでした。

更に家に持ち帰って作業して、下手するとN-Boxに翌日乗る時に家に忘れて来たり。

SDカードが無いレーダー探知機は起動もしません。しかも車庫で気が付かないで走り出したら一日中レーダー無しになってしまう。

これが毎月の微妙なストレスでしたが、今後は車内でその場で作業を完了するので、SDカードを自宅に忘れて走り出す間抜けはあり得ません。

この小さなストレスの消滅が意外と嬉しいんですね。

今日の作業で利用したSDカードリーダー

今日のデーター更新で成功したレーダー探知機

私の機種名はユピテルのでA350αですが、アマゾンの同等品はWR70と言うそうです。

レーダー探知機本体のみの例

OBD2アダプターとセット販売の例